電気カーペットの掃除☆洗い方はどんな風にすれば壊れず清潔?

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

 

 

電気カーペット

足元からじんわりと温めてくれるのが魅力の電気カーペット。とっても便利な暖房器具の1つではありますが、問題となるのが掃除の仕方ですよね。

できることなら丸洗いしてしまいたいところですが、電気製品ということもあり、それは難しいものです。では、どのような洗い方をすれば安全に清潔を保つことができるのでしょうか?そんな電気カーペットの取り扱いについて調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

電気カーペットの普段の掃除

まず、電気カーペットはこまめに洗うのが難しい電化製品になります。そのため、普段の掃除としては、掃除機をこまめにかけてあげることが大切です。掃除機をしっかりかけることにより、ダニなどの発生を防ぐことが可能となります。

それから、天気の良い日には天日干しにして、湿気をしっかり逃がしましょう。さらにブラッシングも行うと、効果的に清潔を保つやすくなります。

また、掃除をしやすくするためのコツとして、電気カーペットには気軽に洗濯ができるカバーをかけることも重要です。カバーをしておくことで、汚れればカバーのみ取り外して丸洗い、という洗い方ができ、いつでも気持ち良く使用できますね。

カバーを使用すれば、電気カーペット自体が傷むのを防ぐこともできるので、長く愛用できます。低温火傷の予防などにも役立つでしょう。

電気カーペットカバーの洗い方

電気カーペット自体を洗うのは難しくても、カバーであれば洗うことは簡単です。電気カーペットカバーも、種類によって洗濯が難しいものもあるので、できるだけ気軽に洗えるものを選んでおくのも1つのポイントですね。

カバーの洗い方としては、使用する洗剤には中性洗剤を選ぶと無難です。素材によって適した洗剤は違ってきますが、アクリルやウールの場合にも、中性洗剤なら傷みにくくなります。

洗い方のコツとしては、水ではなくぬるま湯を使用して洗濯することです。30度程度のお湯を使用して洗うと、特にアクリル、ウール等の生地が傷みにくくなります。手洗いすると安心ですが、面倒な場合には洗濯機を使用しても良いでしょう。

洗濯機を用いた洗い方は、まずカバーの大きさを確認し、家庭の洗濯機に入るかどうかを調べて行います。入りそうであれば、深さに合わせてたたみ、これを大型ネットに入れて洗うと良いですね。毛布などのコースを選択しましょう。

自宅の洗濯機がコンパクトで無理という時には、コインランドリーなどを利用するという手もあります。脱水だけでも行っておくと、乾かす時間が短縮され、また生地が伸びたり傷んだりするのを防げますね。

電気カーペットを洗った気分に!

カバーの洗い方は分かったけれど、電気カーペットにジュースなどをこぼしてしまった時には、洗うことはできないの・・・
と感じてしまう方もいるでしょう。残念ながら、電気を使用するものなので、これをじゃぶじゃぶと丸洗いするのは無理があります。

ですが、洗った気分になれる方法ならあります。まず、汚れた部分を硬く絞った雑巾などで押さえたり叩いたりして汚れを吸い取ります。それから天日干しにして、布用の除菌消臭スプレーを吹きかけておきます。

これで雑菌も汚れもある程度落とすことができ、気持ちの良い仕上がりになります。明らかな汚れが付いた時以外にも、収納する際などにもこの方法を実践すると、気持ち良く来年に持ち越せますね。

基本的に水に弱い電化製品なので、あまり水分をたっぷり使用した掃除方法はお勧めできません。硬く絞った雑巾を使用することがコツですね。

まとめ

電気カーペットは便利な家電ではありますが、掃除や洗い方というと、イロイロと悩んでしまうものですよね。キレイに掃除するためには水分や洗剤は必要不可欠と考える方も多いでしょう。

ですが、水なしでも清潔にできる方法はありますし、カバーを使用することでキレイを保つことも十分可能です。上手に活用して、電気カーペットの寿命を延ばしてあげましょう。

 

※当サイトではアフィリエイト広告を利用しています

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク