羽毛の布団の寿命はどれくらい?長く使えるコツはどんなもの?

羽毛布団

軽く、肌触りが良く、しかも温かいという魅力満載の羽毛の布団。ですが、長く使い続けていると傷み、保温性がイマイチになってしまったりしてしまいます。

では、実際には羽毛の布団の寿命というのはどのくらいのものなのでしょうか?また、これをより長引かせる方法はあるのでしょうか?そこで、そんな羽毛布団に関するお役立ち情報を紹介していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

羽毛の布団の寿命はこれくらい!

羽毛の布団には寿命があります。ですが、実はこの寿命というのは、多くの方がイメージしているものよりもはるかに長いのです。

なんと羽毛布団の寿命は、基本的には10年以上にもなります。耐久性が高いので、丁寧に使用していれば10〜15年程度は保温性を維持し、快適に使用することができるのです。

ただし、使用する環境やお手入れの方法などによって、この寿命は大きく変わります。それから、羽毛の種類によっても多少の違いがあります。

実はこの布団の中に詰められている羽毛自体は、30年以上もの耐久性があるものだと言われています。それが、様々な使用状況により劣化し、寿命が短くなってしまうのです。

羽毛布団は高品質で高級なお布団でもあります。良質な睡眠をもたらしてくれる非常に大切な寝具の1つでもあるので、お手入れや扱い方を丁寧にし、できるだけ寿命を長引かせてあげましょう。

羽毛布団の寿命を長くするためのコツ

羽毛の布団の寿命は、例えば中の羽毛が傷んでへたってしまったり、かさが減ってしまったりすると、短くなります。こうなると保温性が少なくなりますので、できるだけ羽毛自体を良い状態で保ってあげることが大切です。そのためには、特に圧縮袋などに詰め込んでの保管は極力、行わないようにしましょう。

それから、羽毛の布団の寿命を大きく左右するのが、汗です。寝ている間に人は、コップ1杯分程度の汗をかくと言われています。
この汗を吸収したままにしてしまうと、当然、傷んでしまいます。

汗は水分だけではなく塩分や老廃物が含まれているので、これらが繊維に絡みついて、塩分と脂分でコーティングされてしまいます。そうなると、優れた機能が発揮できなくなってしまうのです。

つまり、こうならないために、羽毛布団の丸洗いを3年に1回程度のペースで実施すると、機能を保ったままで羽毛の布団の寿命を延ばせます。普段のお手入れでは天日干しをして水分をしっかり取り除き、3年に1度の丸洗いを実施して、しっかり品質を保ちましょう。

また、できるだけ傷まないようにするためには、布団にカバーをかけて使用することも大切です。生地が傷んでくると中の羽毛が飛び出してきたりしますので、これを防ぐためにも、面倒でもカバーを付けておきましょう。

羽毛の布団☆寿命がきても再利用!

羽毛の布団は数万円もする高級品ですから、できれば長く使用していきたいですよね。ですが保温性が無くなり、へたってしまい、寿命がきたと感じたらそこで廃棄、になってしまうのでしょうか?

実は、羽毛の布団の魅力は、寿命が来ても再利用できる可能性がある、という点にもあるのです。その再利用の方法というのは、打ち直しと言われるもので、簡単に言えば布団のリフォームですね。これは、側生地を取り換えて、羽毛を回復させるという目的で行われます。

サービスの内容は業者によって違いますが、中身の羽毛を取り出して洗浄し、新しい側生地に入れ替えるというサービスを実施しているところが多いですね。こうして清潔にして、側生地を取り換えることで、まるで新品のような仕上がりになります。

せっかく30年程度の寿命があると言われる、良質な羽毛を用いた布団なのですから、本当の寿命が来るまで、とことん使い込んでしまいましょう!

まとめ

羽毛の布団を、普段何気なく使用しているという方は少なくありません。ですが実は、これは非常に奥が深い寝具であり、生き物の羽で作られているのだということを忘れてはなりません。そのため寿命もあり、お手入れ次第で快適に使用できるかどうかも違ってくるのです。

こういったことを知ったうえで使用すると、さらに羽毛の布団に愛着が湧き、大切に使用したいと思えるようになるかもしれませんね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク