七五三の被布と帯☆どう使い分ければ良いものなの?意味は?

七五三

七五三と言えば、着物を着せる儀式ですよね。特に女の子には可愛い着物を着せて良い思い出作りをするという家庭も多いでしょう。

ですが、女の子の着物には被布と帯を使用するパターンがあり、これらはどう使い分ければ良いのか、何を意味しているのか難しいところですね。では、被布と帯はどう用いれば良いのでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

七五三の被布は3歳で!

女の子の七五三は、基本的に3歳と7歳の時にお祝いします。この3歳の時に被布を使用するのか帯を使用するのかですが、これに関しては好みの問題です。

被布を使用しなければならない、ということはありません。ですが、この3歳のお祝いでは、着物に被布を合わせるパターンが多くなっています。

その理由は、帯を巻く着物よりも動きやすく着崩れにくく、3歳という小さな年齢の子供に合っているからです。

また、被布を着用できる機会というのは3歳のこの機会しかありません。最近の被布はデザイン性も豊かで可愛らしいので、この機会に着せておこうと考える方が多いのですね。

ただし、七五三の持つ意味合いに被布が大きく関係しているということは無く、帯を締めたからといって大きな問題はありません。たまたまお下がりで見つけた帯があった、などの場合には、帯を用いても良いでしょう。

七五三の7歳では帯!

女の子のもう1つの七五三を行う機会が、7歳ですね。この7歳では、被布を着用することはなく、帯を用います。

七五三にはそれぞれの年齢に意味が込められており、3歳では「髪置」、5歳では「袴着」、7歳では「帯解」となっています。

この帯解きというのは、女子が着る着物に付いている着け帯というものを外すことができ、大人と同じ帯が締められるようになるという意味合いが込められています。

着物の帯には、「魂をその内にとどめておく」という意味があり、これを締めることで身を持ち崩さないように願いを込めているのです。

このような意味合いから、7歳でお祝いする七五三では、帯というものが重要な存在であることが窺えます。そのため、7歳では帯をしっかりと締めて、七五三をお祝いするのが良い方法であると言えるでしょう。

七五三の着物はこんな方法も!

七五三には女の子の場合、着物を着せて被布や帯で着付けして・・・そんな大変なイメージがありますね。ですが着付けは素人には難しいものですし、せっかく着せても、お参りの際に着崩れてしまったりして大変です。

そこで、七五三のお祝い方法には他にも方法があります。例えばお参りする時には女児用のスーツやブレザーを着用します。

これなら楽ですし、朝からバタバタと用意する必要もありません。入学式や入園式で使ったものを活用することもでき、お金もかかりません。

それから、写真館で撮影の際のみ、着物を着用します。最近ではスタジオアリスなど、大量の衣装の中から無料で借りて写真を撮影してくれるところもあります。

着物を購入したりレンタルするお金がかからず、しかも素敵な思い出が残せますし、着付けもプロが行ってくれます。

このような方法で、七五三の素敵な思い出を残してみても良いですね。被布を着せたいけれど手持ちに帯しかないという時には、参拝の時には帯を着せて、写真館では可愛い被布の付いた素敵なデザインの着物を選んで着せてもらうという方法もあります。

また、七五三の日にはお祝いの食事を楽しむこともあるでしょう。ですが和装での食事だと、子供たちは思い切り食べられなかったり、着物を汚してしまうのではないかとヒヤヒヤしてしまいます。そうならないように、参拝だけは着物で済ませて、食事の時には洋装に着替えるなどの工夫も必要ですね。

まとめ

七五三には普段着なれない着物を着ることになり、イロイロと不安になってしまいますよね。ですが、被布を着せるか帯を着せるかといった点は、結局は家族の判断によるところだと言えます。

どんな思い出を作りたいのか、どんな点にこだわりたいのかをよく考えながら、七五三という大切な節目をお祝いしてあげましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク